浜松RAIN房
浜松RAIN房ってなに?トピックス参加企業一覧お問い合わせ
イベントカレンダーものづくり&理科教室メニュー

ものづくり理科地域支援ネットワーク:浜松RAIN房

サイトマップリンク

理化学研究所 科学講演会IN静岡(2019-07-11)
「理化学研究所(理研)」を知っていますか?
物理学、工学、化学、数理・情報科学、計算科学、生物学、医科学など幅広い分野で研究を進めている、日本で唯一の自然科学の総合研究所です。この理研の研究者たちが楽しく興味深いお話をお届けします。

【参加費】無料
【開催日】2019年9月14日(土)
【時間】講演会13:00〜15:30(12:00開場)、展示12:00〜16:00
【場所】静岡県男女共同参画センターあざれあ 静岡市駿河区馬渕1丁目17-1
【講演】
 「赤ちゃんはどうやって母語の母音や子音が聞こえるようになっていくんだろう?」
   馬塚 れい子 脳神経科学研究センター 言語発達研究チーム チームリーダー
 「“海を耕す”新時代を目指す環境診断と予測」
   菊地 淳 環境資源科学研究センター 環境代謝分析研究チーム チームリーダー

■主催:国立研究開発法人理化学研究所
■後援:静岡県、静岡県教育委員会、静岡市、静岡市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
■協力:理研軽金属工業株式会社
■問い合せ先:理化学研究所 広報室 埼玉県和光市広沢2-1/Tel: 048-467-9443
        Mail: event-koho@riken.jp Web:http://www.riken.jp

【講演会プログラム@大ホール 13:00〜15:00(12:00開場)】
13:00〜13:10 開会のあいさつ 理事 小谷 元子
13:10〜13:30 特別講演 これまでの科学 これからの科学 理事長 松本 紘
13:30〜14:15 講演 
      「赤ちゃんはどうやって母語の母音や子音が聞こえるようになっていくんだろう?」 
       脳神経科学研究センター 言語発達研究チーム チームリーダー 馬塚 れい子
 赤ちゃんは、生後1年ほどの間に周りの大人が話す言語の音声から母語の音韻体系、つまり母音や子音、リズムやイントネーションなどを学んでいきます。音韻体系は大きくなってから外国語を学ぶときに一番苦労する側面であることを考えると対照的です。今回の講演では、日本語を学ぶ赤ちゃんが日本語に特徴的な母音や子音、リズム、イントネーションなどをどのように学んでいるかについて、私たちが理研で進めている研究について紹介しながら、赤ちゃんの脳がどうやって言語のような複雑なシステムを学ぶことができるのかについて考えます。
14:15〜14:35 休憩
14:35〜15:20 講演
       「“海を耕す”新時代を目指す環境診断と予測」
         環境資源科学研究センター 環境代謝分析研究チーム チームリーダー 菊地 淳
 日本は世界第6位の海洋面積を有し、南北からの豊かな潮流と急峻な河川流入が、世界有数の生物多様性ホットスポットを育んでいます。静岡では富士山から駿河湾海底まで7千メートルもの急深な「崖」に向けて黒潮が直接入り込み、水産資源などの海の魅力は計り知れません。今や水環境や魚などのビッグデータ解析で将来変化をAI予測し、かつ広大な海を「耕す」時代が到来しようとしており、私たちの取り組みも含めて考えてみたいと思います。
15:20〜15:30 閉会のあいさつ 理事 小谷 元子

【展示@小ホール 12:00〜16:00】
6階小ホールでは理研関する展示、また6階エレベーター前において『科学道100冊』の展示を行っています。

【理研ってどういう組織?】
理化学研究所は、1917(大正6)年に財団法人として創立、現在は国立研究開発法人となりました。創立期のピストンリングに始まり、皆さまもご存じの洗濯洗剤アタックやスポーツ飲料VAAM(ヴァーム)など、理化学研究所の研究成果から生まれた製品は数多くあります。静岡の地に構える理研軽金属工業(株)も理化学研究所に起源を持ちます。最近ではiPS細胞を使った世界発臨床研究をスタート、アジア発元素命名権を獲得した113番新元素「ニホニウム」発見、大型供用施設を有することなどで知られています。

【会場へのアクセス】
  静岡駅から会場まで徒歩で9分 ※公共交通機関をご利用ください。
【事前参加登録方法】 事前参加登録優先
 ≪Webでの登録≫ 
  →理化学研究所のホームページから事前参加登録ページへ進み、ご登録ください。

 ≪往復はがき FAX・電話での登録≫
  下記①〜⑧をご記入の上、はがきまたはFAXでお送りください。
  電話の場合は①〜⑧をお伺いします。
  登録完了後、確認の返信はがきまたは返信FAXをお送りします。
①参加者氏名および読みがな(複数名の場合は全員分)
②年齢
③職業
④連絡先(電話番号、FAXでご登録の場合はFAX番号)
⑤お住いの都道府県
⑥イベントを何で知ったか(チラシ、理研ホームページなど)
⑦講師への質問(あれば)
⑧託児の有無

往復はがき 
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 理化学研究所広報室「科学講演会in静岡」係宛
※往復はがきでない通常はがきでの応募は無効となります。
FAX:048-462-4715 電話:048-467-9443(理化学研究所 広報室直通)
※当日の参加申込みも受け付けますが、事前参加登録で満席となった場合にはご遠慮いただく場合があります。
未就園児のご参加はご遠慮ください。(無料託児あり 定員8名/予約制:申込は8/26迄)
※当日の講演会や展示の様子を広報活動の記録としてスタッフが写真撮影します。撮影した写真は弊所のウェブサイトや印刷物に掲載することがあります。掲載の際は個人を特定することがないようお顔は露出しないように配慮しますが、予めご承知の上ご参加ください。また、各種メディアによる取材・撮影が行われる可能性がありますことも、予めご了承ください。


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓

:download


絵本はたからもの こぐま社の世界展 香りとものがたり (2019-07-11)
2019.7.13(土)▶10.14(月)

子ども達が抱きしめて離さない“宝物のような絵本”を作ることを目指して、1966年に誕生した「こぐま社」。子ども達が絵を見て楽しめるこぐま社の“絵本らしい”絵本には、子ども達の心をワクワクさせる魅力があり、初版から半世紀以上経った口ングセラー作品も、親から子へ、子から孫へと、時代を経てなお読み継がれています。
本展では、「11ぴきのねこ」シリーズや『しろくまちゃんのほっとけーき』、『わたしのワンピース』の絵本のリトグラフを展示する他、『11ぴきのねことあほうどり』に登場する「魚の形の気球」、『11ぴきのねことぶた』の「ぶたのいえ」のオブジェなども展示紹介いたします。子ども達の心と想像力を育み、大人の記憶の中で生き続ける豊かなこぐま社の絵本の世界を、絵本に登場する香りとともにお楽しみください。

【開館時間】午前9時30分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館) ※ 8月中は休館日なし
【入館料】一般:300円(250円) 学生(高校生以上):200円(160円) 小・中学生:100円(80円)
    ※( )内は20名様以上の団体割引料金 
    ※1階部分(体験コーナー、ミュージアムショップ)は入館無料
【主催】磐田市香りの博物館
【協力】こぐま社、高砂香料工業株式会社、ひと・ほんの庭 にこっと
【後援】磐田市、磐田市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社
【交通のご案内】 
 ●東海道本線/豊田町駅下車北口より徒歩約5分
 ●東名高速/浜松I.C.または磐田I.C.より約20分
 ●磐田バイパス/森岡I.C.より約5分



↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


第7回 MATHやらまいか(2019-07-11)
小学生のみなさんへ

ゲームを通して、算数の能力を競おう!
予選はインターネットでチャレンジ!
ここから勝負だ!

「MATHやらまいか」とは、数学的な思考の楽しさを伝えることを目的とした算数ゲームの大会です。この大会を通じて、児童に算数の本当の面白さを伝える1つのきっかけにしたいと考えています。

【予選】2019年10月1日(火)〜10月31日(木)まで
【決勝】2019年12月7日(土)13:00〜
 《会場》浜松科学館みらい〜ら(保護者同伴)
 《人数》30名
 《対象》予選ランキング上位者のうち、当日参加可能な小学生
 《賞品》参加賞あり。1〜3位はさらにメダル・図書カードあり。

■主催:トップガン教育システム協議会
■共催:浜松市、静岡大学、浜松医科大学、浜松科学館みらい〜ら


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


小・中学生 理科研究 プレゼンテーションコンテスト(2019-07-04)
小学校5年生〜中学校2年生までのみなさんへ

理科研究の成果を競う真剣勝負にチャレンジ!

夏休みの自由研究や科学部での研究など、理科の研究に興味をもって取り組んでいる小・中学生が、その成果を披露し、研究内容や技術発表を競うコンテストです。
研究した内容のおもしろさをわかりやすく伝えることを審査しますので、未完成の研究でも積極的に応募してください。

まずは一次審査に挑戦しよう 

参加費無料
一次審査はインターネットで応募!

【一次審査】2019/07/01(月)〜2019/09/10(火)正午まで
 ≪応募できる人≫ 御前崎市、菊川市、掛川市、袋井市、森町、磐田市、浜松市、湖西市在住
          または市町内の学校に通う小学5年生・6年生、中学1年生・2年生の個人・グループによる研究発表、同地域内の学校における科学部による研究発表・活動報告
  応募は必ず保護者の承諾を得て行ってください
  
【決勝】 2019/10/27(日) 10:00〜
 ≪会場≫ 浜松科学館みらい〜ら
 ≪対象≫ 一次審査に合格した作品を決勝大会に招待します。
       (10月3日までに応募者に連絡)
 ≪賞品≫ 最優秀賞、静岡大学長賞、浜松医科大学長賞、浜松科学館長賞、企業特別賞など多数の賞を用意
 ≪お問合せ≫ トップガン教育システム協議会 事務局
        〒432-8012 浜松市中区布橋3丁目2-2
        静岡大学教育学部付属浜松中学校内 ☎053-456-1331

■主催:トップガン教育システム協議会
■共催:浜松市、静岡大学、浜松医科大学、浜松科学館みらい〜ら
     


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


浜松RAIN房講演会「宇宙エレベーター建設構想」のお知らせ(2019-02-14)
今年も浜松RAIN房講演会を開催いたします。
静岡大学と共同研究をしている大林組から講師をお招きし、宇宙エレベーターの建設構想についてお話していただきます。

【講師】大林組宇宙エレベーター要素技術実証研究開発チーム 石川 洋二氏
【日時】2019年3月10日(日) 14:00〜15:30(13:30開場)
【場所】静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館会議室
【対象】小学生以上〜一般
【定員】150名(先着順)
【聴講料】無料

【申込方法】
電話、またはFAXかメールで、氏名(フリガナ)・所属(年齢)・住所・連絡先(Tel&Faxまたはメールアドレス)を明記の上、いずれも2019年3月5日(火)までにお申し込み下さい。

〒432-8561
浜松市中区城北3-5-1 静岡大学工学部内
ものづくり理科地域支援ネットワーク 浜松RAIN房
E-mail:trainbow@shizuoka.ac.jp
TEL&FAX:053-478-1759


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓

:download


第6回 MATHやらまいか(2018-10-01)
小学生のみなさんへ

ゲームを通して、算数の能力を競おう!
予選はインターネットでチャレンジ!
ここから勝負だ!

「MATHやらまいか」とは、数学的な思考の楽しさを伝えることを目的とした算数ゲームの大会です。この大会を通じて、児童に算数の本当の面白さを伝える1つのきっかけにしたいと考えています。

【予選】2018年10月1日(月)〜10月31日(水)まで
【決勝】2018年12月15日(土)13:00〜
 《会場》えんてつホール(遠鉄百貨店新館8階)(保護者同伴)
 《人数》30名
 《対象》予選ランキング上位者のうち、当日参加可能な小学生
 《賞品》参加賞あり。1〜3位はさらにメダル・図書カードあり。

■主催:トップガン教育システム協議会
■共催:浜松市、静岡大学、浜松医科大学、浜松科学館
■後援:浜松市教育委員会、湖西市教育委員会、磐田市教育委員会、袋井市教育委員会、森町教育委員会、掛川市教育委員会、菊川市教育委員会、御前崎市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送・中日新聞東海本社
■協賛:株式会社CAIメディア、浜松信用金庫、須山建設株式会社、丸八不動産株式会社、株式会社ソミック石川、株式会社第一印刷、株式会社丸八、株式会社ヤマザキ


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


コーヒーと香り展(2018-07-14)
 一杯のコーヒーがもたらしてくれる豊かな時間…。
 今から1000年以上前に、アフリカ大陸で偶然発見されたコーヒーは、長い歴史を経て世界各国に広がり、今では多くの人たちが楽しむ飲み物になりました。コーヒーの香りは、疲れた身体を癒し私たちを幸せな気分にし、健康や美容にも大きく関わりがあります。
 本展では、コーヒーの歴史や文化、楽しみ方などコーヒーの世界を様々な角度から展示紹介します。人々を笑顔にする不思議な飲み物コーヒーの魅力を香りとともにお楽しみいただきます。

【期間】2018年7月14日(土)〜10月14日(日) 9:30〜17:30
【入館料】一般:300円 学生(高校生以上):200円 小・中学生:100円


↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


2018年度 静岡大学公開講座「作って学ぶ、工学部の化学実験」(2018-07-02)
地域で学ぶ中高生を対象に、現在学んでいる理科の内容が大学での学習内容にどのようにつながっているのかを理解できる場を設けます。本講座では工学部2年生が受講する化学実験の「色素の合成と染色」を通して、実験での学びを経験することにより、自身の学ぶ理科の重要性を理解することを目的とします。

日程:7月26日(木)また28日(土)14:00から17:00
会場:静岡大学浜松キャンパス 工学部8号館化学第2実験室
受講料:無料
定員:各回20人
対象:中学生・高校生(保護者同伴可)
申し込み方法:メールによりお申し込みください。
静岡大学工学部共通講座化学分野 植田 一正宛
メール:ueda.kazumasa@shizuoka.ac.jp
※氏名(ふりがな)、学校名、学年、郵便番号、住所、電話番号、参加希望日を明記してください。

申込期間:6月25日(月)〜 7月13日(金)
問合せ:静岡大学工学部共通講座化学分野 植田 一正
メール:ueda.kazumasa(at)shizuoka.ac.jp
URL:http://www.lc.shizuoka.ac.jp/event002972.html

主催:静岡大学、静岡大学工学部共通講座化学分野
後援:静岡県教育委員会

 


ねこのとけい 岩合光昭(2018-04-01)
‘ネコたちの一日が始まります’
岩合光昭写真展「ねこのとけい」は、イワゴーネコたちの自由気ままな‘ネコの一日’を楽しめる約60点で構成された写真展です。ネコは居心地がいいところが好き。自分の好きなところで、自分の好きなように暮らしている、そんな自由気ままなネコたちの1日をお楽しみください。本展では、世界各地のネコや日本のネコの1日の表情とともに、ネコの嗅覚の秘密にも迫ります。
岩合氏のネコ・ワールドと合わせてねこの香りをお楽しみください。

【期間】2018年4月1日(日)〜6月24日(日) 9:30〜17:30
【入館料】一般:300円 学生(高校生以上):200円 小・中学生:100円

 
↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓


:download


浜松RAIN房講演会「生き物は円柱形」のお知らせです(2018-03-25)
小学校の国語の教科書に講師の先生が書いた「生き物は円柱形」という文章が載っています。前半はその話。後半はベストセラー「ゾウの時間ネズミの時間」がテーマ。
生物の形と時間という大問題を考えていきます。
どちらも小学生向けでありながら大人も充分に楽しめます。
だって歌を歌いながらの授業ですもの。


【日 時】平成30年3月25日(日) 
      14:00〜15:30(13:30開場)
【会 場】静岡大学浜松キャンパス 共通講義棟3階
     (※会場が変更になりましたのでご注意ください)
      (〒432-8561 浜松市中区城北3-5-1)
【対 象】小学生以上〜一般
【聴講料】無料
【定 員】150名(先着順)  まだ余裕がありますので、ぜひお申込みください!!
【申込方法】聴講ご希望の方は、電話・FAX・メールのいずれかの方法で、「氏名・学年または年齢・住所・電話番号またはメールアドレス」を明記してお申し込みください。
【申込・お問い合わせ先】浜松RAIN房
     TEL&FAX 053-478-1759
     E-mail  trainbow@ipc.shizuoka.ac.jp
【主 催】ものづくり理科地域支援ネットワーク:浜松RAIN房、浜松ダヴィンチキッズプロジェクト(国立大学法人 静岡大学)


 

↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓

:download


浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク夏休みエネルギー体験ツアー(2017-07-11)
浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク
夏休みエネルギー体験ツアー


 浜松市は、夏休み特別企画として「浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク夏休みエネルギー体験ツアー」を開催しています。
 今回のツアーは、地球にやさしい次世代エネルギーである「水素エネルギー」「再生可能エネルギー」にターゲットを絞って、市内にある施設をバスで巡ります。

◆再生可能エネルギーツアー◆
【開催日時】①平成29年8月4日(金) 
集合:午前9時30分(浜松市役所正面玄関前)       
解散:午後4時35分頃
【対象】市内の小学校に通っている5・6年生とその保護者 
   (一組につき2名とします)
【定員】12組24人
(申込み多数の場合は、抽選の上、実施日の1週間前までにお知らせいたします)
【締切】平成29年7月25日(火)必着 (往復はがきの場合は消印有効)
【参加費】無料
【申し込み方法】Eメールまたは往復はがき

◆水素エネルギーツアー◆
【開催日時】平成29年8月24日(木) 
  集合:午前9時15分(浜松市役所正面玄関前) 
  解散:午後3時40分頃
【対象】市内の小学校に通っている5・6年生とその保護者
   (一組につき2名とします)
【定員】12組24人
   (申込み多数の場合は、抽選の上、実施日の1週間前までにお知らせいたします)
【締切】平成29年7月25日(火)必着
  (往復はがきの場合は消印有効)
【参加費】無料
【申し込み方法】Eメールまたは往復はがき


【お問い合わせ】
浜松市産業部エネルギー政策課 
エネルギーパーク見学ツアー担当
 〒430-8652 浜松市中区元城町103-2
 tel:053-457-2502 Email:ene@city.hamamatsu.shizuoka.jp

 
↓チラシはこちらからダウンロードできます↓

:download


グリーンサイエンスカフェin浜松(2016-12-24)
【静岡大学クリーンサイエンスカフェin浜松】
 2013年に発足した、静岡大学グリーン科学技術研究所の教員が、研究者としての夢や失敗談、時には笑いを交えて研究のご紹介をします。気楽に科学の話に耳を傾けに来てください。
【内容】
・12月24日(土) 
「セミから地球と科学を考えてみよう!」
・2月18日(土)
「植物にもストレスってあるの?」
 
【場所】いずれも浜松科学館1階講義室
【対象】中学生、高校生、大学生、一般市民
    (小学生も参加可能です)
【定員】100名
【申込】
①webから
浜松科学館HPのお申込フォームから
②往復はがき
往復はがきの往信に、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望の講座(複数可)を、返信にあて先を記入してお送りください。
 〒430-0923 浜松市中区北寺島町256-3
 浜松科学館「講座名を記入」係へ
③浜松科学館1階事務室でお申込ください。その際に返信はがき代として52円をいただきます。
【お問い合わせ】
浜松科学館
e-mail:hames*hamamatsu-kagakukan.jp(*を@に変えてください)
tel:053-454-0178
【主催】静岡大学 グリーン科学研究所
【共催】浜松市、浜松科学館




↓チラシのダウンロードはこちらから↓

:download


浜松市次世代ダイバーシティエネルギーパーク 冬休み水素エネルギー体験ツアー(2016-12-12)
 浜松市は、冬休み特別企画として、冬休み水素エネルギーツアーを開催します。今回は、地球にやさしい次世代エネルギーである「水素エネルギー」にターゲットを絞って、市内にある施設を見学します。

◆募集概要◆
日時:平成28年12月27日(火)
集合:10:15(サーラプラザ浜松4階)、解散15:00予定
対象:浜松市内の小学校に通っている5・6年生とその保護者(一組につき2名まで)
定員:12組24人(応募者多数の場合は抽選となります)
締切:平成28年12月15日(金)必着(往復はがきの場合は消印有効)
参加費:無料

申し込み方法
メールまたは往復はがきでお申込ください。(一組につき1通限り有効)
参加者全員(1通で親子二名の住所・氏名・生年月日・年齢・お子さんの学校名・学年・電話番号を記載してください。

お問い合わせ:浜松市産業部エネルギー政策課 
       エネルギーパーク見学ツアー担当
       〒430-8652 浜松市中区元城町103-2
       メール:ene*city.hamamatsu.shizuoka.jp
               (*を@に変換してください)
       tel :453-457-2503

  ↓チラシのダウンロードはこちらから↓

:download


静岡大学理科教育支援事業「実験で深める中学の理科」のお知らせです(2016-11-29)


学校の授業の説明をしっかり聞いても、実験の関係する問題を解けないことがあります。もしかしたら、実際に実験をしながら考えると答えが見つかるかもしれません。そこで、中学の理科で取り上げられる問題を実験しながら考えるイベントを開催しm巣。今回は電気分解と燃料電池に関する問題を考えます。

【日時】第1回:12月22日(木) 14:00〜17:00
    第2回:12月23日(金)  9:00〜12:00
【場所】静岡大学工学部8号館第2実験室
【定員】各回20名(※申込多数の場合は抽選となります)
【対象】中学生
【持ち物】筆記用具、ノート、手拭タオル、中学理科の教科書
     ※汚れてもいい服装でお越しください

【お申込】tkueda*ipc.shizuoka.ac.jp(工学部科学バイオ工学科 植田 一正教授)
     ※ *を@に変えてください
希望日時・氏名・ふりがな・住所・電話番号・学校・学年を添えて
上記メールアドレスまでお申込ください。

【参加費】無料
【締切】12月9日(金)
【主催】静岡大学工学部共通講座会議化学分野

↓チラシのダウンロードはこちらから↓

:download


講演会「元JICAシニアボランティアによるエチオピア滞在紀」(2016-08-03)
 

浜松RAIN房でも理科実験でお世話になっている辻野兼範さんが講演を行います。JICAシニアボランティアとしてエチオピアで子供たちに理科を教えていらっしゃった体験談をお話してくださいます。
 興味のある方はぜひご来場ください。
 ※入場無料です

 【日時】8月27日(土)10:30〜12:00
 【場所】多文化共生センター(クリエート浜松4F)

 【主催】HICEカウンターボランティア
     (公財)浜松国際文化交流協会(HICE)
     tel:053-458-2170 mail:info@hi-hice.jp





↓チラシはこちらからダウンロードできます↓


:download


佐鳴湖講演会2016夏 のお知らせです(2016-07-21)
佐鳴湖の水辺を暮らしに生かす〜びわ湖からの呼びかけと提案〜

 浜松市には政令市の中で唯一、浜名湖とそれにつながる佐鳴湖など都市近郊に豊かな湖環境があります。快適空間としての水辺をどう暮らしに生かすのか、今後の課題は何か、広い視野から考えてみましょう。
嘉田氏には講演会に先立って佐鳴湖の現状を視察していただき、琵琶湖での研究成果と行政経験の両面からお話をしていただきます。
 佐鳴湖の環境に興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

日時:9月3日(土) 14:00〜16:00
場所:浜松市市民協働センター ギャラリー
   (浜松市中区中央一丁目13-3)
講師:嘉田 由紀子(前滋賀県知事、びわこ成蹊スポーツ大学学長)
参加費:無料、申込不要。直接会場へお越しください。
主催:さなるこ地域住民ネットワーク、佐鳴湖シジミプロジェクト協議会

お問い合わせ:053-489-9189(井上)、minoue@nsknet.or.jp



チラシはこちらからダウンロードできます。


:download


ひらめき☆ときめき サイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜(2016-07-15)
「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜」は、研究機関で行っている「科研費(KAKENHI)」により行われている最先端の科研費の研究成果について、小学校5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、ふれることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
静岡大学では今年、次の3つのプログラムの開催を予定しています。
ふだんは身近に感じることの少ない大学の研究室や研究者、研究成果に触れるよい機会です。科学の楽しさ、難しさ、不思議をぜひ現場で体験してください。

①7月31日(日)「地上最強生物クマムシの秘密に迫る!!〜海のクマムシの実験〜 」
        中学生 20名

②8月8日(月)「 書を科学しよう!〜文字の表現力〜」 中学生5名・高校生25名

③8月20日(土)「酵母と遺伝子の秘密を調べよう!-パンやお酒だけじゃない!生命科学の発展を支える酵母たち-」
中学生・高校生25名

静岡大学HPより詳細をごらんいただけます。




静岡大学公開講座2016のお知らせです(2016-04-01)
静岡大学では、専門的、総合的な教育・研究機能を地域へ開放し、静岡と浜松にキャンパスをもつ本学の特徴を生かして、県内各地で公開講座を開催しています。
 2016年度の公開講座は、4月から来年3月にかけて全15講座を開催いたします。小中学生が参加できる体験型の講座から、指導者を対象とした専門的な講座まで多彩です。ぜひ静大の公開講座にご参加ください。


<公開講座一覧>
●教養・専門性を高める
 中国人による中国講座-日本人の知らない中国
 医療中国語
 多元的共生社会〜さまざまな人びとと生きる〜
 筝(こと)を弾こう!(初級)・(中級)
 鼓(つづみ)を打とう!
 情報学部公開講座2016

●自然・科学に親しむ
 私のミカン〜ミカンの通年管理教室〜
 紅茶作りに挑戦しよう
 遺伝子の世界を見てみよう
 体験「大学の化学実験」
 静大キャンパス探訪〜静岡キャンパスの自然と歴史〜

●身体を動かす
 安心登山・アウトドア活動のための読図とナヴィゲーションスキル(初級編)
 安心登山・アウトドア活動のための読図とナヴィゲーションスキル(中級編)
 トレイルランナーのためのランニングとリスクマネジメント

各講座の詳細(日時・会場・受講料・対象等)及び申込先はパンフレットをご覧ください(ウェブサイトでもご案内しています)。

静岡大学イノベーション社会連携推進機構ホームページ
http://www.lc.shizuoka.ac.jp/

■パンフレット請求先■
 静岡大学 イノベーション社会連携推進機構 地域連携生涯学習部門
 TEL 054-238-4817(平日9:30〜16:00)
 メール LLC@ipc.shizuoka.ac.jp
「公開講座パンフレット希望」と明記してください。


チラシはこちらからダウンロードできます
          ↓

:download


浜松RAIN房講演会「ウナギ博士が語る!ウナギのふしぎ」のお知らせです(2015-12-11)
今年も浜松RAIN房講演会を開催いたします。
日本大学のウナギ博士に、ウナギのふしぎについてお話しをしていただくことになりました!


「ウナギ博士が語る!ウナギのふしぎ」
【講師】日本大学生物資源科学部教授 塚本 勝巳氏
【日時】2016年1月23日(土) 14:00〜15:30(13:30開場)
【場所】静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館会議室
【対象】小学生〜一般
【定員】150名(先着順)
【聴講料】無料

【お申し込み方法】
電話またはFAXかメールで、氏名(フリガナ)・学年または年齢・住所・氏名・連絡先(tel・faxまたはメールアドレス)を明記の上、下記までお申し込みください。
1月20日(水)締切です。

〒432-8561
浜松市中区城北3-5-1 静岡大学工学部内
ものづくり理科地域支援ネットワーク 浜松RAIN房
E-mail:trainbow@ipc.shizuoka.ac.jp
tel&fax:053-478-1759

  

↓チラシはこちらからダウンロードできます。↓

:download


【訃報】(2015-10-29)
浜松RAIN房の参加機関でもある
楽しいヒコーキひろば浜松代表の日比和幸さんが10月23日、肺炎のためお亡くなりになりました。

日頃とても熱心に教室を開催してくださり、直前も一緒にイベントに参加してくださっておりました。突然の出来事にいまだ信じられない思いです。
慎んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

日本紙飛行機協会HP
https://math-yaramaika.com/



次のページへ>>